運営:行政書士馬場法務事務所
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町5-2-21新谷ビル2階2号室
各線新長田駅徒歩7分 駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30
定休日:日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-647-7103
090-3943-9131

相続できる人、相続人の順位

相続人の順位

相続人に順位があることは、よく知られています。

まず、被相続人(亡くなった人)の配偶者は常に相続人になります。

 

○第1順位

被相続人の子は第1順位の相続人になります。

養子でも、嫡出子・非嫡出子であっても同様です。

既に子供が亡くなっている場合には、その子(孫)が相続します。

これを代襲相続といいます。

○第2順位

子供など第1順位の相続人がいない場合は、被相続人の直系尊属(親など)が相続人になります。

親が既になくなっている場合には、祖父母が相続人になります。

前提として、親族には直系と傍系があるのですが、あまり気にしなくてもよいでしょう。

○第3順位

上記の第1順位、第2順位の相続人がいない場合には、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。

兄弟姉妹が既に亡くなっている場合は、その子が代襲相続します。

が、第3順位については、ここまでしか代襲相続はできません。

つまり、兄弟姉妹の子までは相続権がありますが、孫にはありません。

養子についての順位

養子は、養子縁組の日から被相続人の嫡出子となります。

実子と同様に第1順位となることは前述しました。

養子と実子は兄弟になりますので、相互にも相続関係が発生します。

ただし、養子縁組前に養子に子がいた場合には、被相続人の孫とはなりません。

したがって、代襲相続の権利は認められません。

養子縁組は戸籍が変更されるだけでなく、多くの影響を及ぼしますので慎重に準備してから行うべきです。

無用なトラブルを招きかねません。

養子が相続人絡んだ場合の税制については特殊なので、別にコラムなどで説明しています。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
078-647-7103
090-3943-9131
受付時間
9:00~18:30
定休日
日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※下記のリンクから、本ページと関連するページのリンクを設定してください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

078-647-7103
090-3943-9131

<受付時間>
9:00~18:30
※日曜、祝日は除く(事前予約で休日、夜間対応可)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/4
ホームページをリニューアル中です。
2022/06/27
「サービスのご案内」ページを更新しました
2022/06/24
「事務所概要」ページを作成しました

行政書士馬場法務事務所

面談室住所

〒653-0041 兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館202

アクセス

各線新長田駅徒歩7分  
駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30

定休日

日曜、祝日(事前予約で休日、夜間対応可)