運営:行政書士馬場法務事務所
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町5-2-21新谷ビル2階2号室
各線新長田駅徒歩7分 駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30
定休日:日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-647-7103
090-3943-9131

尊厳死宣言書

尊厳死とは


尊厳死とは、傷病により「不治かつ末期」になったときに、自分の意思で、死にゆく過程を引き延ばすだけに過ぎない延命措置をやめてもらい、人間としての尊厳を保ちながら死を迎えることです(日本尊厳死協会HPより)。

元気なときに、本人が延命治療はしなくていいからと周囲に伝えていることは多いものです。朝日新聞の調査でも、延命治療を希望しない人は81%という結果がでたという記事(2010年11月4日)を読みました。

しかし、いざその場面になると、周囲は判断に迷います。本人が元気なときに言っていたことが、果たしてこの場面で尊重していいのかと。本人は延命治療を拒否していたが、何もしなければ死を待つだけの選択を家族ができないこともあります。

ですから、本当に延命治療を望まないのであれば、書面にして残しておくべきです。書面だと、医師などの周囲も納得することが多いからです。
できれば公正証書で作成することをお勧めします。当事務所では、遺言書と尊厳死宣言書をセットで作成される方の支援を多く行っています。

尊厳死宣言書書式例

尊厳死宣言公正証書例

  

本公証人は、尊厳死宣言者○○○○の嘱託により、令和○○年○月○日、その陳述内容が嘱託人の真意であることを確認の上、宣言に関する陳述の趣旨を録取し、この証書を作成する。

第1条 私○○○○は、私が将来病気に罹り、それが不治であり、かつ、死期が迫っている場合に備えて、私の家族及び私の医療に携わっている方々に以下の要望を宣言します。

1 私の疾病が現在の医学では不治の状態に陥り既に死期が迫っていると担当医を含む2名以上の医師により診断された場合には、死期を延ばすためだけの延命措置は一切行わないでください。

2 しかし、私の苦痛を和らげる処置は最大限実施してください。そのために、麻薬などの副作用により死亡時期が早まったとしてもかまいません。

以下、省略

ご自身に合った文言を、以下に考えて記載するようにしてください。

周囲の人々が本人の意思に間違いないなと思われれば、詳細は問題ではありません。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
078-647-7103
090-3943-9131
受付時間
9:00~18:30
定休日
日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※下記のリンクから、本ページと関連するページのリンクを設定してください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

078-647-7103
090-3943-9131

<受付時間>
9:00~18:30
※日曜、祝日は除く(事前予約で休日、夜間対応可)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/4
ホームページをリニューアル中です。
2022/06/27
「サービスのご案内」ページを更新しました
2022/06/24
「事務所概要」ページを作成しました

行政書士馬場法務事務所

面談室住所

〒653-0041 兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館202

アクセス

各線新長田駅徒歩7分  
駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30

定休日

日曜、祝日(事前予約で休日、夜間対応可)