運営:行政書士馬場法務事務所
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町5-2-21新谷ビル2階2号室
各線新長田駅徒歩7分 駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30
定休日:日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-647-7103
090-3943-9131

Q 遺言執行者が財産を明らかにしない場合、遺言執行者が死亡した場合はどうなる?

遺言執行者が財産を明らかにしてくれない

遺言執行者が、相続人に財産がいくらあるのかを開示してくれないとのご相談です。

遺言執行者には、相続財産目録を作成して、相続人に交付しなければならない義務があります。

したがって、相続人は遺言執行者に対して、法に基づいて交付を請求できます。

なお、遺言執行者は、相続人の請求があるときは、相続人の立会いの下で財産目録を作成し、または、これを公証人に作成させなければならない旨が、法で定められています。

遺言執行者が死亡した場合

遺言執行者が死亡した場合は、遺言執行者の地位は承継されません。

遺言執行者の地位は、一身専属的なものであり、相続の対象とならないからです。

ただし、遺言執行者が既に具体的業務を行っていた場合には、それについて報酬請求権が発生していますので、相続人は財産権として相続します。

相続人は、行った業務の範囲について報酬を請求することができますが、完了した業務について遺産相続人に報告しなければいけません。
また、遺言執行業務が完遂していない場合は、遺産相続人に不利益にならないように対処する義務があります。遺言執行者が保管や預かっていたものなどを、遺産相続人に引き渡す義務もあります。

遺言執行者死亡リスクを避ける方法

前述のとおり遺言執行者が死亡した場合は遺言執行者の地位は承継されないため、執行業務が滞ってしまいます。
それを避けるための方法として、第一に複数の遺言執行者を定めておくことができます。
記載の方法としては、

  1. 単純に複数人を遺言執行者として定める
  2. 第一候補として○○、第一候補が死亡などで職務ができない場合は第二候補として○○といったように定める

以上の方法があります。
永続性があるようなら、法人を遺言執行者に選定しても構いません。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
078-647-7103
090-3943-9131
受付時間
9:00~18:30
定休日
日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

078-647-7103
090-3943-9131

<受付時間>
9:00~18:30
※日曜、祝日は除く(事前予約で休日、夜間対応可)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/4
ホームページをリニューアル中です。
2022/06/27
「サービスのご案内」ページを更新しました
2022/06/24
「事務所概要」ページを作成しました

行政書士馬場法務事務所

面談室住所

〒653-0041 兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館202

アクセス

各線新長田駅徒歩7分  
駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30

定休日

日曜、祝日(事前予約で休日、夜間対応可)