運営:行政書士馬場法務事務所
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町5-2-21新谷ビル2階2号室
各線新長田駅徒歩7分 駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30
定休日:日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-647-7103
090-3943-9131

Q 相続開始から3カ月経っていますが放棄できますか?また相続開始後の遺留分放棄の方法は?

相続開始後3か月経過後の放棄について

被相続人に隠れた債務がある場合など、厳密に相続開始から3カ月以内に放棄しないと債務も承継するとすれば、相続人が知り得ない情報により不利益を受ける可能性があります。

かつては、相続開始から3カ月経ってから、相続人の下に借金取りが訪れるような状況がありました。

しかし、判例は相続人が「被相続人の相続開始を知っていたこと」「承継すべき債務を認識していた」日から3カ月経過すると、放棄できないとしています。

つまり、相続開始の事実を認識しておらず、しかも債務の存在も認識していなければ、現実に相続開始から3カ月を経過していても放棄できる可能性があります。

個々の事案によって異なります。

相続開始後の遺留分放棄の方法

相続が開始すると、既に自己の相続分は承継されていることになります。

相続放棄や限定承認をしていない限り、遺産について債権も債務も承継していることになります。

そのため、遺留分を請求する権利もすでに発生しています。

この場合の遺留分放棄については、特に定めはありません。

遺産分割協議の場で遺留分放棄をする旨の主張をしてもいいし、遺留分侵害をしている他の相続人等に意思表示をするだけでもかまいません。

消極的な意思表示としては、遺留分侵害されているのを知りながら、放っておくと1年で時効になります。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
078-647-7103
090-3943-9131
受付時間
9:00~18:30
定休日
日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

078-647-7103
090-3943-9131

<受付時間>
9:00~18:30
※日曜、祝日は除く(事前予約で休日、夜間対応可)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/4
ホームページをリニューアル中です。
2022/06/27
「サービスのご案内」ページを更新しました
2022/06/24
「事務所概要」ページを作成しました

行政書士馬場法務事務所

面談室住所

〒653-0041 兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館202

アクセス

各線新長田駅徒歩7分  
駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30

定休日

日曜、祝日(事前予約で休日、夜間対応可)