運営:行政書士馬場法務事務所
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町5-2-21新谷ビル2階2号室
各線新長田駅徒歩7分 駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30
定休日:日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-647-7103
090-3943-9131

Q 公正証書遺言を作るのに、行政書士や弁護士に依頼するのはなぜですか?

公証人は申述した内容を文書にしてくれるのみ

公正証書遺言は公証人に作成してもらいますので、ご自分で相談に行っても作ろうと思えば作れます。

専門職にご依頼される方は、法律用語などが全くわからないか不得手で、公証人と専門用語で話をするにもサポートが必要であったり、公証人とのやりとりをする時間が取れないほど忙しい方が多いです。

公証人に口述して原案を作り上げていきますので、苦手な人にとっては苦痛なのです。
また、後で例を挙げますが公証人は申述した内容は文書にしてくれますが、本人の想いや背景にある本当のニーズまでを汲み取って文書にしてくれるわけではありません。作成された文書が本人のニーズの一部のみしか反映されていないような状況が、多々あります。

 

また、証人を立てられない方のご依頼も多いです。証人は利害関係のない者が二人、必要です。
遺言書の周囲にいて遺言作成のサポートをしている者の多くは、利害関係人です。そのため、我々専門職が証人を引き受けて遺言を作成しています。

遺言作成や証人をご依頼いただく際には、遺言執行者への就任も併せて、ご依頼いただくことも多いです。遺言作成時からの遺言書の想いなどを理解している者のほうが、遺言執行時にも本人の想いを大切にできると思います。直に本人の口から、気持ちを聞いているためです。

公証役場で遺言作成後に、新たに文書を作った例

Aさん(仮名)は、公証役場で公正証書遺言を作成した後に、当事務所にご相談にいらっしゃいました。
お持ちになった遺言で、ご自身が希望する内容に問題はないかどうかを見てほしいというものでした。
Aさんは子や孫がおらず、独居です。自身に何かあったら第三者で血縁が全くない年下の友人に遺産を渡し、葬儀や供養など死後事務一切を依頼したいと考えていました。
その旨を公証役場で文書にしてきたはずだったのですが、文書としては遺産を渡すとの遺言のみでした。
死後事務や付言などが何もありませんでしたので、当職はAさんの想いを実現するため、新たに死後事務委任契約の作成を支援しました。
Aさんの死後、第三者の方は死後事務委任契約により法的権限を持って、事務処理を行えた事例です。
遺言のみだった場合、死後事務については法的権限がありませんでした。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
078-647-7103
090-3943-9131
受付時間
9:00~18:30
定休日
日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

関連するページのご紹介

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

078-647-7103
090-3943-9131

<受付時間>
9:00~18:30
※日曜、祝日は除く(事前予約で休日、夜間対応可)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/4
ホームページをリニューアル中です。
2022/06/27
「サービスのご案内」ページを更新しました
2022/06/24
「事務所概要」ページを作成しました

行政書士馬場法務事務所

面談室住所

〒653-0041 兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館202

アクセス

各線新長田駅徒歩7分  
駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30

定休日

日曜、祝日(事前予約で休日、夜間対応可)