運営:行政書士馬場法務事務所
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町5-2-21新谷ビル2階2号室
各線新長田駅徒歩7分 駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30
定休日:日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-647-7103
090-3943-9131

相続手続中に、二次相続発生

二次相続発生もあり得る

ご高齢の方がお亡くなりになったケースで、実際にありました。

相続手続を進めている最中に、相続人の一人がお亡くなりになりました。

いわゆる二次相続が発生し、非常に手続が複雑になります。

上記のようなケースが発生しないように、相続開始後は速やかに手続を進めて、終了させる必要があります。

また、最近多いのが、相続開始後、相続人の一人が認知症などで判断能力が低下してしまっているケースです。

その場合は、成年後見制度などを利用して後見人を付けて、遺産分割協議を行います。

権利関係が複雑にならないように、手続は迅速に行うのが基本です。

不動産の名義変更を放っておいた場合も、権利関係がややこしくなる可能性が高いです。

二次相続まで考えて対策を練る

近年、相続税の基礎控除が引き下げられたため、相続税に関する関心が高まっています。

それ自体は良いと思いますが、相続対策を考える際には、二次相続まで考えて対策を練る必要があります。

例えば、夫が亡くなり、妻と子が相続する場合を考えてみます。

一次相続は妻と子が2分の1づつの法定相続、基礎控除4200万、妻には1億6千万などの配偶者控除まであります。

しかし、これが二次相続になると、妻が亡くなり、現在のところ子には3600万の基礎控除しかないのが原則です。

配偶者控除がなくなるのは、非常に大きいのです。

ですから、相続対策は、二次相続まで考えて行うべきです。

もっとも、上記の二次相続でも、他に小規模宅地や贈与の特例を上手く使える場合もあります。

資産家でない限り、相続税についてそれほど気にしなくても、何らかの対策は見えてくるものです。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
078-647-7103
090-3943-9131
受付時間
9:00~18:30
定休日
日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

078-647-7103
090-3943-9131

<受付時間>
9:00~18:30
※日曜、祝日は除く(事前予約で休日、夜間対応可)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/4
ホームページをリニューアル中です。
2022/06/27
「サービスのご案内」ページを更新しました
2022/06/24
「事務所概要」ページを作成しました

行政書士馬場法務事務所

面談室住所

〒653-0041 兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館202

アクセス

各線新長田駅徒歩7分  
駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30

定休日

日曜、祝日(事前予約で休日、夜間対応可)