運営:行政書士馬場法務事務所
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町5-2-21新谷ビル2階2号室
各線新長田駅徒歩7分 駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30
定休日:日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-647-7103
090-3943-9131

遺言を無理に書かされた場合

遺言書を、本人の意思に反して書かされた場合は、真の意思に基づかないものとして無効になります。

詐欺や強迫により遺言を書かせた者は、当然に相続欠格者となり、相続人ではなくなります。

また、例えば、判断能力の低下した本人の手を取って遺言を書かせたような場合にも、その書かせた者は相続欠格となります。

いずれにしても、不正に遺言を書かせた者は相続人になれませんので、あれこれ策を講じても徒労に終わることがほとんどでしょう。

ただし、相続開始後に遺言が出てきた場合に、無効を争うには、遺言作成当時に上記のような不正があった旨を立証する必要があります。

立証はなかなか難しいので、不正な遺言の存在を認識しているのであれば、生前に遺言の撤回等の対処をしておくべきでしょう。

遺言の無効を主張するための訴訟について

相続開始後、遺言が無効だと思っても、いきなり訴訟することはできません。

訴訟の前に、家庭裁判所に調停を申し立てる必要があります。

これを調停前置主義といいます。

なお、遺言無効の主張の相手方は、遺言を有効としている相続人全員です。

遺言書を本人が作成している場合でも、強迫や詐欺によって書かされたものではないかが争われます。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
078-647-7103
090-3943-9131
受付時間
9:00~18:30
定休日
日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

078-647-7103
090-3943-9131

<受付時間>
9:00~18:30
※日曜、祝日は除く(事前予約で休日、夜間対応可)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/4
ホームページをリニューアル中です。
2022/06/27
「サービスのご案内」ページを更新しました
2022/06/24
「事務所概要」ページを作成しました

行政書士馬場法務事務所

面談室住所

〒653-0041 兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館202

アクセス

各線新長田駅徒歩7分  
駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30

定休日

日曜、祝日(事前予約で休日、夜間対応可)