運営:行政書士馬場法務事務所
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町5-2-21新谷ビル2階2号室
各線新長田駅徒歩7分 駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30
定休日:日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-647-7103
090-3943-9131

著作権利用許諾契約書例

簡単なサンプルです。

事業者間であれば内容をさらに詳細にして作成しますし、音楽やプログラムといったジャンルによっても変わってきます。

また、権利の許諾は全てでなく、複製権など一部などにすることも可能です。 

 

契約書 

 

○○○(以下「甲」という。)と■■■(以下「乙」という。)とは、著作物の利用に関し、以下のとおり契約を締結する。

第1条 (利用許諾)

甲は、乙に対し、以下のエッセイ・詩等言語の著作物(以下「本著作物」という。)につき、以下の利用を許諾する。

1  利用作品名:●●●●

2  利用方法

(1) 印刷物への利用

名称:●●●、部数:200部

名称:■■、部数:50部

(2) ホームページにおける掲載

サイト名:●●サイト

掲載期間:平成29年8月31日まで

(3) 映像作品における利用

作品名:●●●●、複製本数:5本

3  乙は、当該利用にあたっては、事前にその具体的な利用態様を甲に示し、甲の承諾を得るものとする。

第2条 (著作者人格権)

1  乙が本著作物の内容・表現又はその題号に変更を加える場合には、あらかじめ甲の承諾を必要とする。

2  乙は、本著作物を利用するにあたって、以下のとおり著作者の表示をしなければならない。

・○○○

第3条 (保証)

甲は、乙に対し、本著作物が第三者の著作権その他第三者の権利を侵害しないものであることを保証する。

第4条 (対価)

乙は、甲に対し、本著作物の利用許諾の対価、その他本契約に基づく一切の対価として、金200,000円(消費税込み)を、平成28年3月31日までに支払う。

第5条 (その他)

本契約に定めのない利用態様については、甲乙別途協議の上、利用の可否、対価等につき決するものとする。

本契約締結の証として、本契約書2通を作成し、甲乙記名捺印の上、各自1通を保持する。

 

平成  年  月  日

甲 住所

氏名 印

乙 住所

氏名 印

著作権譲渡契約書書式例

全ての権利を、依頼者が買い取るパターンです。

甲には、著作者人格権のみが残ります。

 

契約書 

 

▲▲▲(以下「甲」という。)と□□□(以下「乙」という。)とは、原稿執筆業務の委託に関し、以下のとおり契約を締結する。

第1条 (委託)

乙は、甲に対し、以下の原稿(以下「本著作物」という。)の執筆を委託し、甲はこれを受託した。

(1) 原稿テーマ:○○に関するエッセイ

(2) 原稿分量:1万字

第2条 (納入)

1  甲は乙に対し、本著作物を以下の形式により、平成○○年○月○○日までに、乙に対して納入する。

・ワード形式

2  乙は、前項の納入を受けた後速やかに納入物を検査し、納入物に瑕疵がある場合や、乙の企画意図に合致しない場合は、その旨甲に通知し、当該通知を受けた甲は、速やかに乙の指示に従った対応をする。

3  納入物の所有権は、対価の完済により乙に移転する。

第3条 (権利の帰属)

本著作物の著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む。)は、対価の完済により乙に移転する。

第4条 (著作者人格権)

1  乙が本著作物の内容・表現又はその題号に変更を加える場合には、あらかじめ甲の承諾を必要とする。

2  乙は、本著作物を利用するにあたって、以下のとおり著作者の表示をしなければならない。

 

以下、省略 

著作物制作委託契約書

甲が他業者にも著作物利用許諾できる権利を留保した契約書です。

独占利用の場合は、修正が必要です。 

 

契約書 

 

○○○○(以下「甲」という。)と■■■(以下「乙」という。)とは、イラスト作成業務の委託に関し、以下のとおり契約を締結する。

第1条 (委託)

乙は、甲に対し、以下のイラスト(以下「本著作物」という。)の作成を委託し、甲はこれを受託した。

(1) テーマ:▲▲▲

(2) サイズ:A4縦サイズ

実際の契約書ではさらに詳細に記載します。でないと、後でトラブルに。

第2条 (納入)

1  甲は乙に対し、本著作物を以下の形式により、平成○○年○月○○日までに、乙に対して納入する。

・CD-ROM

2  乙は、前項の納入を受けた後速やかに納入物を検査し、納入物に瑕疵がある場合や、乙の企画意図に合致しない場合は、その旨甲に通知し、当該通知を受けた甲は、速やかに乙の指示に従った対応をする。

3   納入物の所有権は、対価の完済により乙に移転する。

第3条 (権利の帰属)

本著作物の著作権は甲に帰属する。

第4条 (利用許諾)

甲は乙に対し、本著作物を下記形態で利用することを許諾する。

(1) 印刷物への利用

名称:著作物利用、部数:2000部

以下、省略 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
078-647-7103
090-3943-9131
受付時間
9:00~18:30
定休日
日曜、祝日
(事前予約で休日、夜間対応可)

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

078-647-7103
090-3943-9131

<受付時間>
9:00~18:30
※日曜、祝日は除く(事前予約で休日、夜間対応可)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/4
ホームページをリニューアル中です。
2022/06/27
「サービスのご案内」ページを更新しました
2022/06/24
「事務所概要」ページを作成しました

行政書士馬場法務事務所

面談室住所

〒653-0041 兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館202

アクセス

各線新長田駅徒歩7分  
駐車場:近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

9:00~18:30

定休日

日曜、祝日(事前予約で休日、夜間対応可)